施設管理業務のDXを実現するFM for Dynamics

スケジュール管理から点検・検針、報告書作成まで簡単操作で管理業務を支援

FM for Dynamicsとは

ü施設のさまざまな情報を台帳として管理し、施設の利用者、オーナーの満足度向上のために、メンテナンス情報を蓄積し、

 共有・分析等に活用するためのクラウドサービスです。

FM for Dynamicsで、できること

üモバイルデバイス(iPhoneやタブレット)と音声認識などのICT技術を組み合わせて、現場作業の効率化を支援します。

üオーナーや現場とリアルタイムに情報共有しながら、施設全体のマネジメントや履行確認など現場管理を支援します。

ü施設に関わる情報を一元管理して、作業の傾向分析修繕計画の立案などPM業務のを支援します。


FM for Dynamicsの特徴

üFM for Dynamicsはクラウドサービスです。インターネット経由でシステムが利用できます。
üクラウドサービス上に情報が蓄積されるため、利用者間で即座に情報の共有が可能です。
ü施設オーナーやPM、管理会社などの施設運営の関係者が同じツールを利用することで意識せずに情報が一元化され
 役割・立場に応じて様々に活用することができます

こんなお悩みありませんか?

過去の履歴情報を探すのに時間がかかる

本社と現場の情報共有ができない


属人的な管理になり、作業対応に個人差が出てしまう

事務所に戻らず点検作業を完結したい


検針作業の負荷を軽減/誤検針をなくしたい

過去の履歴を確認しながら中長期修繕計画を作成したい


機能一覧

 

土地、建物台帳で施設管理を管理

関連する協力会社、テナント情報を管理

建築、設備の更新・修繕周期を設定することで、

中長期の修繕計画を作成

マウスをドラックで予定の繰り返し/前倒し

を画面上でダイレクトに変更

作業結果を現場でスマホから入力

点検作業はタブレットを活用

結果はFMDで一元管理

 

音声・文章から、最適なキーワードを抽出し、マスタを再構築

症状・原因・処置内容を学習し、最適な対処方法を提示

施設管理における定期的作業・突発的な作業を管理

日報、月報、年報を自動作成

改正省エネ法・地球温暖化

対策条例等の報告書作成

エネルギーレポートを自動作成

 

 

各種図面、マニュアル、写真等を管理

BMサービスと連動して報告書を管理

 

モデルの建築、設備属性をBMサービスの台帳に取込

専用のviewerから情報を参照・修正


実績

建物管理会社及びグループの施設を管理するPM会社製造業や百貨店などの施設オーナー等にご利用いただいております。オフィスビルから商業施設、物流施設、工場、公共施設と幅広い用途の施設管理にご利用いただけます。 

 

導入実績:7,500建物(約2万棟)以上

ニュース・トピック

公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会 様

2020年春号 JFMAジャーナル2020年春特集号『施設オーナーと管理現場をハッピーに!』を寄稿し、掲載されました。
2019
年春号 JFMAジャーナル2019年春特集号『ICT技術の進歩と維持管理データがFMの新しい価値を創造する!』を寄稿し、掲載されました。
2018
年春号 JFMAジャーナル2018年春特集号『施設維持管理データが、働き方を変える!』を寄稿し、掲載されました。

2017年春号 JFMAジャーナル2017年春特集号『施設維持管理データがもたらす、経営の見える化』を寄稿し、掲載されました。

 

公益社団法人 全国ビルメンテナンス協会 様

月刊ビルメンテナンス 201611月号に『ビル管理現場のICT利用とその先の情報活用』紹介記事掲載。

 

公益社団法人 東京ビルメンテナンス協会 様

広報誌 Network Tokyo 20185月号に設備管理のBM最新機器・技術活用セミナーに掲載。

 

アイティメディア株式会社 様

BUILT FMに携わる人全員をハッピーにする“人フォーカス時代のFM”とは』に掲載
その他、建物関係のWEB媒体各種に随時掲載・紹介頂いております。